有限会社 中出漆器店

普段づかいしたくなる「色気」のある器を追求しています。四季や生活のリズムに合わせて、いつでも新しさが感じられる“Something New”の商品づくりにこだわっています。

商品

栃 4.5二段丸重 独楽文様 : 江戸時代から伝わる独楽の柄を、カラフルな色で現代風にアレンジした、二段仕様の小重です

栓 汁椀 目ハジキ 独楽文様(価格は単品のお値段です):江戸時代から伝わる独楽の柄を、カラフルな色で現代風にアレンジした丸みのあるお椀です

欅 ワインペアカップ 響樹 内金箔:1本のケヤキをロクロ挽きした珍しい酒器です。内側は金箔貼りで、ワインも日本酒も輝きます

栓 ぐい吞み珍味杯 銀嵯美 内金箔:外側はいぶし銀のような煌めく「銀さび漆」、内側は本金箔仕上げで珍味入れにもなる高足の酒杯です

楓 ロックカップ らせん 赤・黒(価格は単品のお値段です):カエデ材をロクロ挽きし、最新の技術で生まれたカップです。 独特ならせん模様で持ち易く、銀の縁取りを入れたデザインも印象的な品となっています。

欅 ゆらぎボール 渕銀 赤・黒(価格は単品のお値段です):ウェーブを描く器の縁に、銀粉を蒔いてアクセントを付けた可愛いボール、お摘まみ入れや酒器にもお使えになれます

紹介

夢工房なかで は昭和10年(1935)石川県江沼郡(現 加賀市)山中温泉にて、塗師(初代 勇次)として就業し、昭和23年(1943)同地におき漆器製造卸「中出勇次漆器店」を創業開始、 それを母体として現在に至ります。 いつもsomething new! をモットーに、常にお客様に対し、他とは違う何か新しいモノや情報を提案・発信し、使って楽しく心が豊かになるような漆器の創作を目指しております。 何かとは?  和の伝統美と洋の艶やかさ、すなわち400年も昔から伝えられた轆轤技術による伝統漆器(木製)から、カジュアルに使え伝統技術によって培われた形や色の美しさを 表現した新感覚の近代漆器(樹脂))まで、素材にこだわらず、ライフスタイルにマッチしたmonoは何かを創造していくPowerである。 普段づかいしたくなる「色気」のある器を追及しています。 四季や生活のリズムに合わせて、いつでも新しさが感じられる“Something New”の商品づくりにこだわっています。

オーダーメイド可

職人手作り

電話対応可

〒 922-0274
石川県加賀市別所町漆器団地9の1

0761-77-2036

u-nakade@p2272.nsk.ne.jp

http://yumekoubou-nakade.com

ページの先頭へ